予約・問合受付 5:00~20:00

ボート営業時間 6:30~15:00

お知らせ

【ボート釣りは冬季休業中です】

ボート釣りは12月より冬季休業中です。
次のシーズンの再開については、いまのところ未定です。 暖かくなりましたら釣況と天候をみて検討いたしますので、その際はホームページにてお知らせいたします。

おすすめメニュー

ボート釣りQ&A

釣果の写真

2016-11-26

小竹様 マダイ16匹(〜28cm )、ハタ5匹(〜30cm )、カサゴ1匹(〜30cm )、カイワリ4匹(〜25cm )、イナダ1匹(40cm )

2016-11-20

遠間様 マゴチ1匹(50cm )、ホウボウ1匹(40cm )、イイダコ20匹(cm )

2016-11-17

岩本様 カレイ1匹(31cm )、カワハギ5匹(〜18cm )

2016-11-17

五味様 イナダ1匹(42cm )、エソ5匹(30cm )、ホウボウ4匹(24〜40cm )

2016-11-17

井上様 イイダコ29匹(cm )

2016-11-15

小沼様 カワハギ7匹(〜18cm )、カサゴ2匹(〜21cm )

2016-11-13

西森様 カワハギ6匹(〜20cm )

2016-11-13

小島様 カワハギ18匹(〜23cm )

2016-11-13

岡様 カワハギ3匹(〜21cm )、マダコ1匹(cm )、ホウボウ1匹(cm )、キス1匹

2016-11-12

神谷様 カワハギ8匹(〜26cm )

2016-11-08

伊藤様 マダコ4匹

2016-11-05

N様 カワハギ18匹(〜29cm )

ボート釣りQ&A

当店のとなりの黄色い家が良く目立ちます。そこを目印にお帰りください。
黄色い家がみあたらない場合、大きく風下に流されている可能性があります。その場合を次の質問「助けにきてもらいたいのですが」を参考に自分の位置を伝えて当店に救助を要請してください。
自分の位置をできるだけ正確に伝えて頂けると迅速に救助に向かえます。
以下の事項を確認してください。
  1. 沿岸からどのくらい沖にいるのか
  2. 一番近い沿岸で目立つ建物や目印は何があるか
  3. 自分のまわりにイケスや定置網などの漁業施設があるか、またボートや船、ヨットやセーリングボートなどがいるか
  4. 自分たちの特徴や目印:人数、性別、子供、帽子の形状や色、服の色など遠目でわかる情報
以上を確認したら当店へ救助要請してください。
その際まず最初に「レスキューをお願いします」とはっきり伝えてください。
連絡がついたらそれ以上流されないようにアンカーを下ろします。
風下の沿岸は波が高く危険です。決して自分で岸にあがらないでください。
救助船らしき船が見えたら大きく手を振って呼んでください。
まずまわりに定置網やイケス、わかめ棚などがないか確認します。
それらの漁業施設に引っ掛けた場合は危険ですので、すぐ当店へ救援要請してください。
もし何もない場合は以下の手順で抜錨を試みます。
  1. アンカーロープを短く縛っていたり、絡んでいたら解いてロープを全部のばします。
  2. ボートが流れている反対の方向へ漕ぎます。
  3. ロープが張ったら少し強く漕いでみます。
  4. アンカーを持ち上げてみてくだい。
これで取れない場合は無理に取ろうとせずに当店へ救援要請してください。
その際は、前の質問「助けにきてもらいたいのですが」を参考に自分の位置をなるべく伝えていただくと迅速に向かうことができます。
ハオコゼ、ミノカサゴは毒があります。刺されると1〜2時間はひどく痛み、人によっては我慢できない程になります。タンパク毒のため早い段階で熱めのお湯に患部を浸してやるとその後の痛みがやや和らぎますので、我慢せず帰還してください。毒のある魚はこちらです。

ハオコゼ

ミノカサゴ

他にマゴチ釣りの際によく掛かるアカエイは危険ですので持ち帰らないでください。
恐れ入りますがトイレのお迎えサービスは行っておりませんので自力で帰岸して店舗施設を利用してください。
休憩やトイレなどでの出入りについては何度でも可能ですので、ごゆっくり休憩頂いた後また海でボート釣りをお楽しみいただけます。
時間を決めて計画的にトイレ休憩をとると初心者の方や女性のパートナーの方でも安心してお遊び頂けると思います。
船酔い程度でしたら陸にあがってしばらく休むと治ります。なるべく自力帰岸をお願いしております。
熱中症や病気の疑いがある場合は救援要請と同時に救急車の手配をしますので、症状を詳しくお知らせください
ボートが流されるときはたいていアンカーロープを途中で縛って短く使っている場合がほとんどです。当店のアンカーはコンクリ製でほぼ自重で海底に着底することでボートを固定します。風や波が強い場合などはロープを短絡すると海底に対してロープが立ってしまい、アンカーの重さを減らしてしまうため、アンカーが効かなくなってしまいます。 ロープを伸ばしても効かない場合は沖へ出すぎている場合があります。水深が深いと同様にロープが立ってしまい、効かない場合があります。その様な状況の場合は危険ですので、アンカーの効く浅いところまでもどるのが、一番の安全行動です。
冬季ボート休業期間(12月〜3月中旬)除いて定休日はありません。
平日土日とも早朝6時受付開始、6時30分から随時出船、15時帰岸となっております。
なお天候によりお休みとなる場合がありますので、次の質問「天候によるボートの出船の中止はいつ決めるのですが?」を参考にお問合せください。
安全のため大人は2人までとさせて頂いておりますが、中学生以下のお子様とご一緒でしたら3人乗り可能です。大人1名とお子様2名または大人2名とお子様1名の組み合わせが可能です。なおお子様のみでの乗船はできません。
出船当日の早朝6時に判断します。
夜明け(夏場ですと5時〜)からお電話でのお問合せには応じますが、その時点での予測となりますので、予めご了承願います。
また台風や嵐などの避難が必要で休業となる場合はホームポージでお知らせしています。
申し訳ございませんがお魚を捌くサービスはしておりません。女将さんのシロギスの捌き方サイト「手前板前」を参考にご自分で挑戦してみてください。
釣りえさや釣り道具は店舗で販売しております。またレンタルの竿もご用意しておりますので、手ぶらでお越し頂いても大丈夫です。釣り方などわからないことは現地でスタッフが丁寧にご説明いたしますのでお気軽にお越しください。

最近の釣況

かわはぎ ☆☆☆☆☆

undefined

8月下旬からの台風の猛攻でスタートがすっかりグダグダとなった感がありましたが、10月も目前になって天候の安定とともにボートも爆釣りがスタート。あいかわらず30センチクラスのメガハギが混じって楽しめます。ワッペンサイズに飽き飽きした時は、同じポイントでコマセを撒くとアジなど青物も拝めて楽しめます。

まごち ☆☆☆☆

undefined

えさになるメゴチがでかすぎる。なんて苦情もでるなか秋も堅調なのが大物マゴチ。秋晴れの陽気が増えてきたこのごろは浅場で最適サイズのメゴチも釣れだして、最後のひと盛り上がりが期待できそうですね。

いいだこ

undefined

今年も毎週のように台風や大雨と天候に恵まれずいまいち主役になれない感じのイイダコ。外道であったり、申し訳程度に姿はおがめるんですが、今年もこのままフェードアウトな予感ですねえ。

しろぎす五目

undefined

もはやハイシーズンでしか拝めなくなりつつある幻の主役とでもいいましょうか、カワハギ釣りのおりに少々大型が姿を見せる程度と成り果てました。どこいったのでしょうかねえ。

まこがれい

undefined

年々秋の釣期が遅れること、ついにボート終幕まで昨年は間に合わなかっった実績からいうとちょっと期待薄なのが秋のカレイの正直なところ。冷え込み次第ではイケるかもしれませんから、諦めずに終盤は狙ってほしいですね。